受講生の声を追加しました

2013年11月25日

学習歴半年で英検準2級に合格

僕は先日、英検準2級に合格しましたが、これは普段の宿題のお陰だと思います。中でも、英文を口に出して覚えるシャドーイングが効果的でした。また、わざわざ時間を作って対策をして下さったこともあり、ほぼ満点で合格しました。自由に意見を交換できたり、外国の生活や習慣など色々なことを学べる点や、学年に関係なく、将来に役立つ英語を中心に学習するところが、J Prep の最大の利点だと思います。
(小学校6年生 Level 1 在籍、2013年)


偏差値が60から70に

私はJ PREPに入塾して、模試の英語の成績が飛躍的に伸びました。偏差値60くらいだったものが約8か月の通塾により、70まで上昇しました。第一志望である東京医科歯科大学も含め、今まで合格評価がCからDだった全六大学での評価がすべて最高評価のAになりました。さらに自分自身もそうですが、日本人特有の「自分の意見を述べることができない」という問題も、通っていくうちに少しずつ克服してきたように思います。英語で話す際に先生が発音の間違いを指摘するので自然と発音もよくなりました。様々なテーマでエッセイを書いたりもするので、英語だけでなく現在の社会情勢なども共に学ぶことができます。他の塾とは全く違う指導法で、単なる言語としての英語を超えたものを学ぶことができます。
(三輪田学園高校2年 Level 4 在籍、2013年)


少人数できめ細かな指導

J PREPに入塾したきっかけは、学校の英語についていけなくなってしまったからです。しかし大手の塾に入っても学校と変わらないのでは…と考え個人塾であるこの塾を選びました。J PREPでは学校や大手塾と違い、少人数で指導を受けることが出来ます。発音、文法、文章のコツなど様々な面からの一人一人に合わせた指導を受けた結果、学校のテストでは学年十位以内に入りました。またネイティブの先生と深く話すことが出来るのはここだけで、将来留学するとき必ず役立つと思います。ユニークな先生方と指導法を是非体験してみて下さい!
(筑波大付属駒場中3年 Level 4在籍、2013年)


人間として成長できる塾

一年間のアメリカ高校留学を終え、米大受験をするという意志とともに帰国した僕でしたが、具体的にどのような方針で進むべきか分からず悩んでいました。他塾ではなくJ Prepを選んだ理由は、お会いした先生方が自分のことを本当に親身になって考えて下さっていると感じたからです。
留学準備の授業は1対1で行っていますが、TOEFLやSAT試験対策においてのアドバイスは、具体的かつ的確です。かといって、授業は堅いわけではなく、先生にいつも気軽に質問できる環境が備わっています。
また授業外の先生方とのやりとりは、自分の考えを整理するきっかけとなり、また、新たな視点を与えてくれます。だからJ Prepは、単に英語力向上を目指す場だけでなく、人間としての成長ができる場だと実感しています。
(都内高校2年 Level 5 留学準備個別指導 2013年)


学年で10番以内に

J PREPに中3で入塾して、約一年が経ちます。通い始めてから学校の英語の成績は上昇し、安定しています。模試では、学校で学年十番以内に入っています。JPREPではエッセイを書く際に、自分の意見を論理的に述べる事が求められます。入塾するまでそのような事を全くやった事のなかった私にとって、考え、かつ論理的に自分の意見を述べるための良い訓練になっています。またディスカッションも、学校では行うことがないので魅力的です。
私は自分の意見を発表することが苦手で、かなり苦戦していますが、他の生徒が発言するのを聞くと悔しくなり、なお一層頑張ろうという気持ちになります。クラスの生徒は皆大変優秀で、良き友達でありかつ、良きライバルです。
(東洋英和女学院高等部1年 Level 4 在籍、2013年)


海外留学の選択肢が見えてきた

この塾に通わせていただき、半年が経ちます。毎週、多くの、楽とは言えない課題をこなしているうちに自然と中高五年間を通して学校で学んできた英語とは比べものにならないほど、聴く、理解する、伝えるという英語を使う能力が身についてきたことを実感しています。先生方によって選び抜かれた教材を通じ、批判的な視点も交えて自分なりの意見を持つようになるという意味で、自分の考え方までも成長したと感じます。課題や授業に真剣に取り組み、クラスに貢献できたときは嬉しくて、益々やる気になります。毎回の授業が楽しくて仕方がありません。
海外大学の受験という、海外に住んだ経験のない私には絶対無理だと考えもしなかった選択肢も見えてきました。自分に一番あっていると思える道を見つけることがでたと思います。学校の同級生とは全く違う進路であり、学校の先生方にも馴染みのない道であるので、何をしたら良いのかも分からず、不安なことも多いですが、プロである先生方に、私の実力に合わせて指導を頂いているので本当に心強く思っています。

(立教女学院高2 Level 5 在籍 2013年)


以下は英語塾ロゴス時代に頂いた受講生・保護者の声です

私がロゴスに行くことを決めたのは、少人数クラスでの授業→個別の出願対策という流れが気に入ったのと、先生方が皆それぞれ異なる視点と方法でサポートしてくれるところが良いと思ったからです。
前半のリベラルアーツの授業では、経済学から脳科学まで、あらゆる分野の本を読んでディスカッションをしました。私の場合は、哲学の授業を受けたときに出会ったある概念がとても気に入って、それを忘れられなくて出願エッセイに書いてしまったくらい、貴重な出会いをしました。高3という時期にはつい大学受験そのものに集中してしまいがちですが、好奇心を忘れずに授業を楽しむのも良いと思います。
アメリカの大学受験で最も大切なのはやはりエッセイです。単に入試担当者が最も注目するからというだけではなく、エッセイを書くことで自分は何者なのか整理することができるからです。最終的に出願書類全体で「自分はこういう人です。」と表現しなければならないのですが、エッセイはその軸となるものだと思います。私は後半の出願対策でも、先生方と話す時間を大切にして、それをもとにエッセイを書き直していました。エッセイが書けないときに、話すためだけにロゴスに行ったこともあります。書けなくてつらいこともあるかもしれませんが、その分書けた時の嬉しさは格別なので、先生方に頼りつつ乗り越えて行って下さい!
(イェール大学合格・都内高校3年生)

英語の勉強だけではなく、英語で大学教養課程レベルの勉強、つまりディスカッション、エッセイライティングの実力養成ができることを重視しました。他の塾は基本的に試験対策の勉強が主という印象です。アメリカの大学で実際に学び、教えていた先生方のもとで学ぶことが出来ると言うことも魅力でした。また開放的で自由な雰囲気に富んでいて、生徒本人の能力や人格をフェアに判断、評価し、前向きなモチベーションを引き出してくれるという印象もありました。
海外で学ぶという同じ目的を持ちながら、年齢や分野の違う人たちと少人数で話しあい学ぶことにより、多角的な視野を得ることができたように思われます。しかも、今まで興味はあっても日本の学校では学ぶ機会がなかった分野の本を原書で読む機会にも恵まれました。
それだけでなく、大学の出願に必要な書類作成や諸準備について、きめ細かな情報提供がありました。これ以外にも、科学研究報告や政策提言文書の作成、音楽の演奏内容の評価に至るまで、たくさんの要望に応えていただくことのできる引き出しの多さがありました。
ただ、一番の理由は、第一印象だったと思います。人生は人との出会いが鍵です。限りある時間をどんな人とどんな空間で過ごすのか。
知性あり明るく前向きな人と目的と時間をシェアできることはどんなに貴重なことか。会話の中から相手の良さを引き出して行く能力の高さを最初の面接で感じられたことが決定要因でした。先生方がそれぞれ個性的で、面白いバランスがあるように感じたのも通うことが楽しくなるだろうという印象に繋がりました。将来どんな大人になりたいのか、ここではそのロールモデルに出会え、毎回のレッスンが刺激に満ちている。それが娘のモチベーションに自ずと繋がりました。
(同保護者)


私がロゴスに入るきっかけは、母の友人の紹介でした。とりあえず行ってみようと思い、体験授業を受けました。最初は緊張していたのですが、面白い先生や楽しい授業に触れて、徐々に緊張もほぐれていきました。文法だけでなく、発音もしっかりと教えてくれて、英語がどんどん楽しくなっていきました!学校の英語もロゴスのおかげでできるようになってきました。ロゴスに入ってよかったです!
(桜蔭中1年生)

学校にも慣れてきた1学期の終わり頃、友人からロゴスと斉藤先生の話を聞きました。当初から大学受験に対応でき、社会に出ても使える英語を身に付けさせたいと思っており、友人からの話、ロゴスのホームページからも望んでいた塾だという感触があったのですぐに体験授業を受ける事にしました。娘が体験授業を受けている3時間は私も後ろで聞いていました。授業は読み聞き話し、そして文法もあり、盛りだくさんで飽きさせないものでした。先生方は優しく元気でなんとも居心地の良い空間でした。それから6ヶ月が経ちましたが、娘は英語が大好きになり、ロゴスも1日も休まず通っています。ロゴスに通っているから、学校の英語の勉強も楽しく取り組めていると思います。
(同保護者)


入塾した頃は、先生達が何を話しているのかさっぱりわかりませんでしたが、半年経った頃から、少しずつ理解できるようになりました。学校の授業ではあまりこだわらない発音もロゴスでは大変に厳しく指導を受けます。授業中に先生方が話してくれる海外での体験談はとても興味深く参考になります。英語で日常会話ができたり、洋画を字幕なしで観ることができるようになりたいです。
(大田区公立中1年生)

息子が中学一年生になり、英語塾を探していましたが、親子でロゴスの授業を一日体験してみて、「ここなら話せるようになる!」と確信し、すぐに入塾を決めました。入塾当初は授業の内容やスピードにほとんどついていけなかった息子ですが、半年頑張った頃から、耳も目もかなり英語に慣れてきました。最近では、学校の授業がとても簡単に思えると言っています。ロゴスの講師の皆さんは素晴らしい経歴と海外での経験をお持ちなので、安心してお任せしています。数年後の息子の英話力がとても楽しみです。(同保護者)



他にもいくつか英語教室を見学しましたが、スタッフが熱心で感じが良く、将来にわたって実用的に使える英語を効率的に指導したいという考え方と、子どもたち一人一人を丁寧に指導する姿勢が理由でロゴスに決めました。実際に授業が始まってからも丁寧にサポートしてくださり、英語だけでなく興味の対象を広げてくれたり、思考力が身につく教え方をしています。娘も毎回のレッスンを楽しみにしています。
(桜蔭中2年生保護者)



語学が人生の武器にはなっても「足かせ」にはなって欲しくないと思い、受験のためだけの英語でもなく、単なる会話学校でもない語学学校をと考えていたとき、折込を拝見し、体験授業を受講させて頂きました。3人のそれぞれ全くタイプの異なる先生から語学だけでなく知的好奇心も大変刺激され入塾を決めました。授業後も先生方とおしゃべりをさせて頂くのが息子の楽しみのようです。今は日本語中心のようですが、数年後には英語で先生方とアカデミックな対話を繰り広げてくれるのでは、と楽しみにしています。
(麻布中1年生保護者)



何度か授業参観しました。授業中にたびたび挟み込まれる先生方のネイティブ英会話が、良いリスニング教材になっています。欧米の文化や常識も英語と日本語でたくさん紹介しています。無理をしている感じがないのに、実は情報量がとても多い授業です。
(世田谷区公立中保護者)