コースの特色

これまで英語圏で生活した経験を持たない中学2年生、もしくは英語の基礎力(英検3級程度)を持つ小学生・中学生を対象に指導を行います。
中学英文法の基礎知識を前提に、音声の基礎を復習しつつ、5000語程度の語彙で書かれた文章を読解できるレベルに到達することを目標とします。
アカデミック・ライティングの基礎を身につけるために、日本語を介した添削指導を行います。最終学期にプレゼンテーション練習を行います。動画教材は隔週500語程度のドキュメンタリーを視聴し、例文と語彙を暗誦し、ディスカッションを行います。授業で英検対策は行いませんが、終了時に2級程度(高卒程度)の実力への到達を目標とします。

通常授業

授業時間 週1回3時間、年間45回の授業があります。(火曜日スタート、振替出席は届け出制)
講師 日本語母語講師と、英語母語講師がチーム・ティーチングで指導します。
受講料(月謝) 33,000円(外税)音声指導料込、入塾時登録料30,000円(外税)
教材費等(年額) 年間約21,000円 ※為替によって変動します。
授業内容 宿題確認、小テスト、文法演習、CLIL、作文演習
宿題 ①文法事項の予習 ②音声課題 ③作文課題 ※授業外に週4時間程度の学習が必要です。
期末テスト 各学期最終週に、テストが実施されます。

※季節講習/夏期、冬期、春期講習があります。文法総復習と作文指導が中心です。
※接続クラス/2020年3月に英語中級・集中コース(ES350)に接続します。
※年間の授業予定および使用教材は、生徒の習熟度に合わせて変更されることがあります。

担当講師から

岡本 友紀 YUKI OKAMOTO 

聖心女子大学卒業(外国語外国文学科、英語英文学専攻)。在ブリュッセル大手自動車会社の戦略企画部に勤務。J PREPでは初級を担当。

予習、宿題に最低4時間の自宅学習を必要とされるコースですが、準備が出来ている状態から授業に臨むので、生徒たちが授業内で吸収する内容は自ずと濃く、深くなり、それはまたライティング、デイスカッションにおいても次第に使えるようになります。
ネイティブの先生との授業では毎週様々なトピックをもとに日本語で知っている知識を英語ではどのように表現するのかを知る楽しい内容です。頭と気持ちを自由にして、間違いを恐れず、どんどん発言して欲しいです。
また、アカデミック・ライティングの基礎をわかりやすい教材、説明とともに始められるのはこのコースの魅力のひとつと言えるでしょう。

受講生の声

J PREPでは他の塾と違って英語を「話す」機会が格段に多いです。ネイティブの講師によるデイスカッションの授業では、自分の意見をハッキリとさせて英語で周りに伝えるのを繰り返すことで、考えを表現するための語彙力や、とっさに英語の文章を考える瞬発力などが鍛えられています。
さらに、iPadのビデオ発音練習アプリによる練習は、細かい発音練習や、絵の状況を短時間でできるだけ説明する練習など、スピキングスキルがめきめき上達していきます。しかも練習の様子を録画・提出すれば、ネイティブの講師による発音のアドバイスが返ってくるので、正しい発音に直すことができます。さらに、英作文の書き方も毎週段階を追って学び、学期ことに作文を提出すると、文法から内容まで添削してくれるので、「書く」能力も身に付きます。
オリジナル教材以外は、全て英語圏で使われている教材で、解説や問題文も全て英語です。そのため、"a" と"the"の使い分けなど、ネイティブの微妙なニュアンスの違いまで学ぶことができます。J PREPでは、外国に行っても通用するだけの英語力を身に付けることができるのです。

(桜蔭中学校2年)