コースの特色

Level2からの継続コースで、日本の高校英語上級に相当する内容を1年間で習得します。
主に英語の基礎力(英検2級程度を持つ)中学3年生、高校1年生を対象とします。概ね7500語の語彙で書かれた文章を読解し、その多くを用いて作文、口頭発表ができるようになることを目標にします。アカデミック・ライティングの基礎を英語母語講師が指導し、 500語から1000語程度の英語論文を作成する練習を繰り返します。最終学期にプレゼンテーション練習を行います。英検受験のための指導は行いませんが、修了時に準1級相当の実カに到達することを目標とします。

通常授業

授業時間 週1回3時間、年間45回の授業があります。(火曜日スタート、振替出席は届け出制)
講師 日本語母語講師と、英語母語講師がチーム・ティーチングで指導します。
受講料(月謝) 33,000円(外税)音声指導料込、入塾時登録料30,000円(外税)
教材費等(年額) 年間約21,000円 ※為替によって変動します。
授業内容 宿題確認、小テスト、文法演習、CLIL、作文演習
宿題 ①文法事項の予習 ②音声課題 ③作文演習 ※授業外に週4時間程度の学習が必要です。
期末テスト 各学期最終週に、テストが実施されます。

※季節講習/夏期、冬期、春期講習があります。文法総復習と作文指導が中心です。
※接続クラス/2020年3月に英語中級発展・集中コース(ES360)もしくは英語上級・集中コース(ES450)に接続します。
※年間の授業予定および使用教材は、生徒の習熟度に合わせて変更されることがあります。

担当講師から

三浦 基生 MOTOKI MIURA 

国際基督教大学教養学部(法学専攻)・ロンドン大学大学院(UCL・哲学専攻)卒、一橋大学大学院法学研究科博士後期課程(法哲学専攻)在籍

ES350はみなさんの英語の実力に自信を加えるコースです。
文法パートでは文法の基礎を確認しながら、その使い方・ニュアンスも一緒に考えます。ですから、問題演習はただの答え合わせではありません。どういう理由でその答えを選んだのか、またどういう文脈でその表現が使われるのかを中心に授業が進みます。
といってもそんな堅苦しいものではなく、テキストの登場人物にツッコミを入れるイメージです。そこで得た知識を活用するのがネイティヴ講師との実践パートです。すでに知っている文法を駆使して自分の意見を表現するディスカッションやライティングを通してみなさんは自信をつけることでしょう。
文法から実践への橋渡しをするES350の1年はあっという間に過ぎます。気づいたら英語の冗談で笑っているかもしれませんよ。

受講生の声

書いて、話して、表現して。J PREP最大の魅力は、多くの練習を繰り返し、着実に英語を身に着けられる環境だということです。毎週とても興味深い授業が行われます。
例えば、ネイティブパートでは、世界で進行するグロ ーバル化について自分の意見を述べたり、健康についての記事を読んだりと、身近な話題から話を広げていくため飽きることなく勉強を続けることができます。文法のパートでは、日本語と英語の着眼点の違いを学んだり、発音から鍛え直したりと、新しい発見が毎週出てきます。
また、練習をたくさん行うため自分の実力が伸びていることを自分自身で確認できますし、勉強を続けていく上での大きな励みになります。勉強を継続し、自分の英語力をもっともっ と伸ばしていきたいです。

(渋谷教育学園渋谷中学校2年)