コースの特色

Level3からの継続コースで、人文・社会学分野の学術的な内容の教材を用い、大学での学習の基礎となる教養、学術的な語彙力と表現、勉強法を身に着けます。
主に中学3年生から高校1年生を対象とします。4技能をバランスよく習得し、終了時には概ね8000語程度の語彙で書かれた文章を読解し、Academic Writing、Discussionで使いこなせることを目指します。特にWritingでは、Level2、3でのParagraph Writingを発展させたEssay Writingに取り組み、Native講師が、英語圏大学で通用する論理的構造をもったエッセイの書き方を指導します。
毎ターム、ドラフトの提出が課されますが、Native Graderによる添削を経て、最終稿の書き直しまで丁寧にサポートします。また国内大学の入試で必須素養となる英文解釈・和訳·英訳などの演習形式にも年間を通じて取り組み、TEAP、TOEFL等4技能型の試験に対応可能な論理思考の訓練、test-taking skillsも紹介されます。
英検受験のための指導は特に行いませんが、終了時に1級相当の実力に到達することを目標とします。

通常授業

授業時間 週1回3時間、年間45回の授業があります。(火曜日スタート、振替出席は届け出制)
講師 日本語母語講師と、英語母語講師がチーム・ティーチングで指導します。
受講料(月謝) 33,000円(外税)音声指導料込、入塾時登録料30,000円(外税)
教材費等(年額) 年間約25,000円 ※為替によって変動します。
授業内容 小テスト、Grammar、Reading、Discussion、Writing
宿題 ①文法事項の予習 ② Native Class Discussionの準備 ※授業外に週4時間程度の学習が必要です。
期末テスト 各学期最終週に、テストが実施されます。

※季節講習/夏期、冬期、春期講習があります。文法総復習と作文指導が中心です。
※接続クラス/2020年3月にSAコース(J PREP Scholars/Four Skills Course)、EAコース(国内大学受験カリキュラム/国内大学受験準備コース)に接続します。
※年間の授業予定および使用教材は、生徒の習熟度に合わせて変更されることがあります。

担当講師から

立石 かほ里 KAHORI TATEISHI 

筑波大学大学院(英文学)で修士号取得後、The Pennsylvania State UniversityでComparative Literature(比較文学)専攻、博士号取得。専門は20世紀・モダニズム期の文芸思潮・美学。

「奴隷制・植民地・民主主義・産業革命・資本主義」これらの単語を英語で説明し、さらにその関連を説明することができるでしょうか?
ES450では、歴史に寄り添いながら世界への視座を培うことができ ます。単なる過去としてではなく、「西洋」に対する日本の、ひいては自分自身の今・現在をとらえなおしながら対話していく姿勢は、グローバル社会においての人との関わりを大きく広げてくれます。
英語の難易度という点においても、英語を母語とする読者に宛てられた手加減なしの英語に接することになります。圧倒的に知らない語彙と膨大な情報量を前に、いかに自分の持つ英語構文の知識を生かしてポイントをおさえられるか、いかに点からマップを構築していくか。文法の体系的な理解と、正確な文構造理解に基づき、明晰で論理的な文章を組み立てるスキルも磨いていきましょう。

受講生の声

私は中1の時からJ PREPに通っています。J PREPでは英語の文法を学ぶだけでなく、英語で様々な分野のトピックについてビデオや教科書、洋書を使って学び、ディスカッションが出来るので毎週授業を受ける度に自らの視野を広げることが出来ます。
また、デイスカッションでは仲間と英語でアカデミックな議論ができ、難しいトピックでも楽しく学ぶことが出来ます。J PREPに通い始 めてたくさんのすばらしい先生方や仲間と出会うことが出来ました。先生方は日本人の先生もネイティブの先生も丁寧に指導してくださるので楽しく学ぶことができています。
また、ディスカッションなどを通して切磋琢磨し 合う事の出来る最高の仲間がたくさんいます。J PREPに通うことが出来て本当に良かったと思っています。J PREPでは最高の環境で英語を学べます。家でも、宿題だけでなく発音や speakingの練習ビデオやvocabulary学習アプリなどを通して充実した学習ができるのもJ PREPの大きな魅力だと思っています。
これからも目標に1歩でも近づくことが出来るよう、日々努力していきたいです。

(聖心女子学院高等科1年)