コースの特色

英語の基礎力(英検準2級程度)を持つ小学生、中学生を対象に指導を行います。
授業は①文法事項を軸に学ぶ総合4技能指導(Integrated Skills with a Focus on Grammar)、②作文指導(Academic  Writing)、③英語で学ぶ理科・社会(CLIL)。
①②は日本語母語講師が担当し、③は英語母語講師が担当します。日本語母語講師も英語母語講師もマルチメデイアの教材を活用しながら授業を行います。また②では、日本語を介した添削指導を行います。授業で英検対策は行いませんが、修了時に概ね2級の実力に到達することを目標とします。

通常授業

授業時間 週1回3時間、年間45回の授業があります。(火曜日スタート、振替出席は届け出制)
講師 日本語母語講師と、英語母語講師がチーム・ティーチングで指導します。
受講料(月謝) 33,000円(外税)音声指導料込、入塾時登録料30,000円(外税)
教材費等(年額) 年間約27,000円 ※為替によって変動します。
授業内容 小テスト、文法演習、CLIL、作文演習
宿題 ①文法事項の復習 ②音声課題 ※授業外に週1時間程度の学習が必要です。
期末テスト 各学期最終週に、テストが実施されます。

※季節講習/夏期、冬期、春期講習があります。文法総復習と作文指導が中心です。
※接続クラス/2020年3月に英語中級・集中コース(ES350)に接続します。
※年間の授業予定および使用教材は、生徒の習熟度に合わせて変更されることがあります。

担当講師から

中西 理恵 RIE NAKANISHI 

カリフォルニア州立大サンノゼ校でジャーナリズムを専攻。卒業後はサンフランシスコの日系新聞社に記者として勤務。帰国後は幼稚園生から高校生の英語指導に従事している。

現代社会にはなぜFacebook、Twitter、lnstagram等さまざまな媒体のSNSが存在しているのか、人はどのように各媒体を使い分けているのか。これはES220でネイティブ講師が担当しているデイスカッションでのあるトピックです。
本コースの受講生は主に中学生ですが、今まで日本語でも考えたことがないような話題、事象、問題等について英語で考え、自分の意見をまとめ、クラスメートと意見交換をしています。
そして、自分の意見をまとめるには文法スキルや説得力のある文章を組み立てる力が必要になりますが、日本人講師との文法演習やライ ティング演習を通して練習します。
わからないことがあるのは当然です。 間違えることを恐れずに、授業内ではたくさん質問をして、多くを吸収しましょう。

受講生の声

私は中1の3月からJ PREPに通い始めました。J PREPの授業を通して私は学んだことがあります。それは、英語の本当の面白さを知ったことです。
これまでの私は、やらなければいけないからやるという、いわば義務的な感じで英語の勉強に取り組んでいました。しかしJ PREPに入塾しから英語との向き合い方がガラッと変わりました。
その理由として、ただ英語を学ぶだけでなく英語を使って時事問題、環境や自然などについて様々な分野から英語を楽しむと共に、文法を勉強できたということが挙げられます。
それと比例するように英語を勉強するのが楽しくなり、苦手としていた文章読解もこなせるようになりました。それはJ PREPで本場に近い英語を学ぶことができているからだと思っています。

(立教女学院中学校2年)