コースの特色

ES350終了程度の英語能力を持つ主に中学3年生、高校1年生を対象とします。
英語運用能力(英検準1級程度)を完成させるために、特に読解力と作文、そのための語彙力の養成を主目的に指導を行います。日本語母語講師の授業では文法小テスト、和訳や英訳の演習を通して表現の精度を高め、運用能力の定着を図ります。
英語母語(ネイティブ)講師の授業では、自然科学およびアメリカ研究に関する長文読解を繰り返し、文脈の中での正確な文意の理解に基づき、討論で応用力を養います。さらに、毎週授業内でコメントを受け取ることができるライティング課題を通じて、自分の考えを理論的に展開する方法を身につけます。最終学期には4つの段落からなるエッセイを書き上げます。

通常授業

授業時間 週1回3時間、年間45回の授業があります。(火曜日スタート、振替出席は届け出制)
講師 日本語母語講師と、英語母語講師がチーム・ティーチングで指導します。
受講料(月額) 33,000円(外税)オンライン学習等サービス込、入塾時登録料30,000円(外税)
教材費等(年額) 年間約15,000円(外税) ※為替によって変動します。
授業内容 文法演習・解説、小テスト、CLIL、作文演習
宿題 ①文法課題(ES350 準拠) ②読解演習 ③音声課題 ④作文演習 ※授業外に週4時間程度の学習が必要です。
期末テスト 各学期最終週に、テストが実施されます。

※季節講習/夏期、冬期、春期講習があります。文法総復習が中心です。
※接続クラス/2021年3月に英語上級 集中コース(ES450)に接続します。
※年間の授業予定および使用教材は、生徒の習熟度に合わせて変更されることがあります。

担当講師から

Scott Shin

Western Washington University(東アジア研究、日本文学)、東京外国語大学大学院(国際関係学)。

ES360は読解力を養成し、ネイティブ講師による討論やライティングを通じて応用力を高めることを目的とした集中コースで、1時間の日本語母語講師の授業と、2時間のネイティブ講師の授業から構成されています。
日本語母語講師の授業では、主に文法と英訳・和訳課題を通じてより正確な表現をマスターします。ネイティブ講師の授業では、Academic Encountersの教科書に沿って課題を行い、討論やアカデミック・ライティングのスキルを学びます。ライティング課題は毎週の提出が求められ、講師がチェックし、年度の前半には自然科学を、後半はアメリカ研究を題材とします。
私から新たにES360を受講する生徒の皆さんへのアドバイスは、「授業で質問をするのを恐れないで」です。J PREP では、多くのことに興味関心を持ち、質問をすることに価値をおいています。質問をしないということは、新しいことを学ぶ機会を失うということです。

受講生の声

J PREP では、大学受験のための英語だけでなく、しっかりとコミュニケーションに使える英語を学ぶことができます。
ネイティブの講師によるディスカッションの授業では、社会や科学など様々な分野に関する英語の文章を読み、英語で感想や意見を交わすのを繰り返すことで、だんだんと自然に口から英語が出るようになっていきます。ネイティブ講師の授業のおかげで、私が夏休みにヨーロッパ旅行に行った際には、自信を持って現地の人々と英語で会話をすることができました。
また、英語が話せれば、英語圏以外の国の人ともコミュニケーションがとれることを実感しました。さらに、J PREP では英作文の書き方も詳しく学ぶことができます。J PREP のおかげで、英検の英作文も難なく書くことができ、合格できました。J PREP では、基本的な文法から英語で会話をするスキルまで、広い範囲の英語力を身につけることができるのです。

(桜蔭中学校 3年)