コースの特色

Level 3 からの接続コースで、人文・社会学分野の学術的
な内容の教材を用い、大学での学習の基礎となる教養、学術的な語彙力と表現、勉強法を身につけます。主に中学3年生から高校1年生を対象とします。
4技能をバランスよく習得し、終了時には概ね8000 語程度の語彙で書かれた文章を読解し、Academic Writing / Discussionで使いこなせることを目指します。特にWritingではLevel 2,3でのParagraph Writingを発展させたEssay Writingに取り組み、英語母語(ネイティブ)講師が英語圏大学で通用する論理的構造をもったエッセイの書き方を指導し、添削を経て最終稿の書き直しまで、丁寧にサポートします。
日本語母語講師のクラスでは、国内大学の入試で必須要素となる、英文解釈・和訳・英訳などの演習形式にも年間を通じて取り組み、TEAP・TOEFL®など4技能型の試験にも対応可能な論理思考の訓練、Test-Taking Skillsも紹介されます。英検受験のための対策は特に行いませんが、終了時に1級相当の実力に到達することを目標とします。

通常授業

授業時間 週1回3時間、年間45回の授業があります。(火曜日スタート、振替出席は届け出制)
講師 日本語母語講師と、英語母語講師がチーム・ティーチングで指導します。
受講料(月額) 33,000円(外税)オンライン学習等サービス込、入塾時登録料30,000円(外税)
教材費等(年額) 年間約20,000円(外税) ※為替によって変動します。
授業内容 小テスト、Grammar、Reading、Discussion、Writing
宿題 ①文法事項の予習 ②Native Class Discussionの準備 ※授業外に週4時間程度の学習が必要です。
期末テスト 各学期最終週に、テストが実施されます。

※季節講習/夏期、冬期、春期講習があります。文法総復習が中心です。
※接続クラス/2021年3月にJ PREP Scholars/Four Skills Course、国内大学入試対策/準備コースに接続します。
※年間の授業予定および使用教材は、生徒の習熟度に合わせて変更されることがあります。

担当講師から

中村 和義 Kazuyoshi Nakamura

The University of Oklahomaで物理学を専攻。帰国後英米文学部に転部し、英文
学を修める。物理学部では『超伝導』を専攻。大学卒業後は、都立高校、大手予備校等で30年以上にわたり大学受験を指導してきたベテラン講師。

およそ、それが母国語であろうとなかろうと、あるテーマに関する記述を理解するためには、そのテーマに関する背景知識がなければ到底理解が望めないのは言うまでもありません。
量子力学の素養がなければ、『シュレジンガーの猫』に関する新聞記事は『読めない』のと同様、『ベルリンの壁』や『鉄のカーテン』と突然言及されても、近代史の知識が無いと読めても『読めない』という状態になります。まして、それが母国語でない英語の場合はなおさらで、語彙力不足がもう一つの壁となり、辞書を引くことが円滑な思考を妨げてしまい、原書を読破するなど思いもよらないこととなります。
いよいよこのコースでは本格的なLiberal Artsへの取り組みを、多彩な英書を多量に読み進めることよって深化させ、英語によって背景知識を理解し、『英語を読む』ことの面白さを味わいます。単に言語習得を超えた、真の教養の陶冶への第一歩を目指しています。大きな挑戦ですが、やりがいのある1年となることでしょう。

受講生の声

私は中学1年の春からJ PREP に通っています。J PREP の授業は進度が速く、内容も高度なので、最初は授業についていくのに精一杯でした。
しかし、授業や家庭学習を徹底していくうちに、徐々に英語力が向上しました。J PREP ではただ単に英語を読んだり文法を学ぶのではなく、「英語で」様々な分野のトピックについて学びディスカッションします。教材も生徒の知的好奇心を刺激するもので、楽しく学習することができます。ライティングの添削指導も充実していて、読解力だけでなく表現力や思考力なども鍛えられます。また私は公立の中学校に通っていたので、色々な中学の人と切磋琢磨しながら学ぶことで勉強面で大きな刺激を受けました。
高校受験の時は、英語で安定して点数を取れていたので、第一志望はもちろん、チャレンジ校の早慶附属を含め受験した高校に全て合格することができました。これからも高い志を持って、英語力にさらに磨きをかけて、目標に向かって一歩ずつ前進していきたいです。

(東京都立西高等学校 1年)