J PREPは、英語力と教養を同時に身につけるカリキュラムを提供しています。話す、書く、聴く、読む、これらのスキルを総合的に習得するだけでなく、論理的に考え、表現する作業を繰り返すことによって、言葉そのものへの理解を深めていきます。

J PREPの教育手法

J PREPでは、学習者個々人が家庭で反復練習する課題と、教室での相互作用を通じて学習する課題を明確に区別し、指導しています。独学や、個別指導では必ずしも達成できない学習経験を提供できるよう心がけています。

学習効果を最大化するレベル設定

学習経験を無駄にせず、年齢に適合する指導

効率的な外国語学習方法は、生徒の年齢によって大きく異なります。応用言語学で確立された知見によれば、幼い生徒ほど音声を通じて慣れる指導が効果的です。文法知識を活用していく練習は、むしろ学年が進んでから習得していくことが望ましいといえます。

学習経験のある生徒の場合、これまでの学習の蓄積が無駄にならないよう、無理なく適切にスキルを積み上げていくことが出来るようにコースを配置しています。これを可能にするために、入門以外のコースを受講希望の場合、説明会でレベル認定テストを受験していただきます。

また J PREPで初めて英語を本格的に学ぶ場合、年齢に適合した学び方で、効率的に習得を進められるように工夫したカリキュラムを提供しています。

考え抜かれたカリキュラムで効率的に実力を伸ばします
第二言語習得法の知見を最大限に活かすことを心がけたカリキュラムです。ひたすら辞書を引きまくる、ひたすら和訳する、いずれも無駄な努力の筆頭です。
当塾では、動画教材を効果的に活用し、文法と語彙を文脈とセットで音声と共に覚えていく指導法を取ります。
受験に必要な学力を早期に固め、さらに上の実力を志す生徒のための英語塾です
第二言語習得法の知見を最大限に活かすことを心がけたカリキュラムです。ひたすら辞書を引きまくる、ひたすら和訳する、いずれも無駄な努力の筆頭です。
当塾では、動画教材を効果的に活用し、文法と語彙を文脈とセットで音声と共に覚えていく指導法を取ります。学校の定期テストや国内大学入試でも好成績を収めるための対策を徹底しています。
11回の授業に付き1回、塾内テストを実施し、成績優秀者を表彰しています。毎回の授業で英語音声を活用する小テストを実施しています。季節講習では文法や読解カを集中的に鍛えます。

英語を精密に理解し、自分の考えを明快に表現する

現代英文法の標準的用法を徹底的に習得する

英語を習得する上で、当然ながら文法知識は重要です。母語として英語を使用する人々も、大学までの教育を受ける過程で、主として作文指導を通じ、英文を正確に書く技術を身につけていきます。外国語として英語を学習する場合、なおさら文法知識を身につけ、使いこなす練習をすることが大切です。

しかしながら受験英文法の参考書や問題集には誤りも多く含まれ、現代英語と乖離が発生してしまっています。例えば定番の大学入試準備用問題集を見ると、should 「~べき」 had better 「~した方が良い」との記述があります。これは現代英語の用法としては完全に誤りです。

had better は上から目線で子どもをたしなめるような響きがあり、「~した方が良い」という意味で使って良い表現ではありません。
J PREPではむしろ、自然な英語表現を通じ、標準的な英語用法に親しみ、受験文法はその応用編として理解するようにカリキュラムを設定しています。標準英文法は、独自開発の文法教材の他に、Oxford Practice Grammar Basic 『オックスフォード実例英文法基礎』、 Using and Understanding English Grammar 『エイザーのわかって使える英文法』など英語で書かれた文法問題集を用いることで、徹底的に習得するように努めています。また日本語で補助的な説明を加えることで、学校の定期テストや受験準備への橋渡しをしています。

言語と知識を統合的に学ぶ CLILアプローチ
言語は、知識と独立して存在するものではありません。また逆に知識もこれを記述する言語と別個に存立することは出来ません。J PREPでは、英語で歴史を学ぶ、歴史を通じて英語を学ぶなどの形で、ことばとその周辺知識を同時並行的に身につけることで、学習効率を高める工夫をしています。こうした教授法は教科言語統合型学習法(Content and Language Integrated Learning) として知られています。

少人数で切磋琢磨、個別指導よりもきめ細かく

全クラスが登録人数20人以下
受講生が英語4技能を効率的に習得できるように、1クラスの登録人数20人以下の少人数制を採用しています。授業は厳しい選抜を突破したネイティブ講師、英語運用能力が高い優秀な日本人講師が共同で担当します。初級コースでは、さらにTA(アシスタント講師)が加わり3人体制で充実した授業を行います。
専用アプリできめ細かな発音指導
自宅では専用アプリを搭載したタブレット端末を使い、発音、リスニング、スピーキングの練習を行うことができます。また、受講生が自分のスピーキング練習動画をJ PREPに送信し、それに対して発音矯正指導のフィードバックを行います。
英語で発言、議論するのは当然
理的に議論するのが当たり前の授業を行っています。受け身で講義を聴くだけの、日本の授業スタイルとは違います。これにより、ディスカッション、プレゼンテーション能力が身につきます。また、導入されつつあるTOEFL型の国内大学入試のスピーキングテストで高得点が狙えます。
毎回の授業で本格的な英作文を指導
海外大学で博士号を取得した複数の日本人講師、ネイティブ講師が中心となり、本物で最高レベルの英作文指導を実践しています。英語を「話す」「書く」ことで自ら表現する態度を育成します。旧来の受験用和文英訳ではなく、論理的な英文を簡潔にまとめるための作法、日本語とは異なる論理展開の方法を丁寧に指導します。これにより、TOEFL型試験(TEAP等)に移行する国内大学入試のライティングでも高得点が狙えます。
良質なテキストを読む

世界史をテーマにしたCivilizationや、ビッグ・データと現代社会をテーマにする Weapons of Math Destructionなど良質な英文テキストを使い、「英語で学ぶ」能力を獲得するための授業を行っています。精密に読み解くための構文把握指導を日本語母語講師が行う一方、読み解いた成果を英語での議論を通じて確認し、さらに理解を深める指導を英語母語講師が担当しています。ただ単に和訳して満足する指導ではなく、一歩進んでより深く能動的に読む態度を培っていきます。

独自の学習支援システムを導入
授業をより円滑にするために、独自にCMS(教室運営システム)を開発導入しています。授業の出欠・遅刻状況や、小テストの結果、授業参加態度などを保護者が授業当日にLMS(家庭学習管理システム)を通じて確認できます。
また、LMSを通して振替・欠席連絡を受け付け、1クラスの定員を厳正に管理しています。適正な人数を維持することが英語教室としての誠意ある姿勢であると考えるからです。
将来に役立つ成長の場を提供します
イェール大学を会場に、毎年夏リーダーシップ研修を行うほか、多様な分野での学識経験者を招いた研究会を開催しています。

・国内難関大学合格者報告会:毎年6月
・留学ガイダンス:毎年6月
jprep_sminar_kugaya
久賀谷亮先生 講演会 (精神科医 『世界最高の休息法』著者)
2018年10月27日(土) 「思春期を見守る親心のマインドフルネス」
2018年10月28日(日) 「日米で医師をして思う、将来医療の現場で働く子ども達に知って欲しいこと」
jprep_sminar_20161106
吉田研作先生(上智大学 言語教育研究センター特別招聘教授、言語教育研究センター長)
(2016年 10月16日) 満員御礼 吉田研作先生講演会が大盛況のうち行われました
jprep_sminar_20151206
倉石寛先生 (立命館大学教授、元・灘中学高等学校教頭)
髙嶺京子先生 (立教女学院中学校・高等学校 国際教育主任、英語科教諭)
(2015年12月6日)J PREP 斉藤塾講演会のご報告及びLMS配信について
2014_12_07b
文部科学省 英語教育の在り方に関する有識者会議委員
安河内哲也氏 (2014年12月7日)
2014年12月7日(日)国内大学受験ガイダンス盛況のうちに終了
Tamura
J Prep 新教室開設記念イベント
田村耕太郎氏『もう一度君に、世界との戦い方を教えよう』(2013年12月15日)
満員御礼 特別ガイダンス「もう一度君に、世界との戦い方を教えよう」
2015年留学ガイダンスを開催致しました
Tez Clarkさん(J PREPインターン、ハーバード大学在学中)、馬場雄太さん(J PREP 2015年春卒業、早稲田大学国際教養学部を経てCarleton College 卒業)をお招きしてスピーチをして頂きました。