生徒たちは、J PREPが独自開発した専用アプリを用いて、動画の視聴やスピーキングとリスニングの練習を行い、発音だけではなく重要な英文法、構文、単語・熟語を効率的に習得していきます。動画を利用した勉強法は文字だけの教材を使った従来の学習よりも、格段に効率良く、英語の総合力を高めることができます。

J PREPで学習する英単語がクイズ形式で出題されます。クイズに解答するたびに、知っている単語とあまり記憶に定着していない単語が判別されます。記憶に定着していない単語の方をより頻繁に出題することで、重要英単語を効率的かつ確実に習得することができます。

J PREPのLebel 2以上のコースでは、日本語とは異なる英文の構造を学び、論理的な文章を簡潔にまとめる作法を身につけます。これにより、今後TOEFL型に移行し、ライティングの力を問われるようになる国内大学入試でも高得点が狙えます。英語で論理的に考え、書くことは、日本語力を高める結果にもつながっていきます。

J PREPでは、読む能力を他の技能、すなわち話し、聴き、書く力とともにバランス良く養成します。その成果で、読む力は従来の指導法に比べて迅速な向上が期待されます。読書を通じて英語のもつリズムや文章構成のスタイルを理解する目的で、英語以外の言語で書かれた書物の英訳ではなく、原著が英語で書かれたものを採用しています。同様に子ども向けに書き直されたリトールド版などではなく、著者が英語で書いた原作を味わいながら読み、議論するカリキュラムになっています。

指導方針関連ページ

J PREPの教育手法/海外留学、東大受験どちらも万全です/少人数で切磋琢磨、個別指導よりもきめ細かく

少人数指導へのこだわり/丸椅子を用いる理由/教室で活躍する小道具

TA(ティーチング・アシスタント)制度/Tutor(チューター)制度/J PREP Library(ライブラリ)/大学受験生対象自習室