「語彙力」を鍛える単語暗記アプリ

アプリを活用して効率的な学習を

語学を身につける上で決して無視できないのが単語の暗記です。語彙力が十分に身についていなければ、4技能 (読む力、書く力、聴く力、話す力) 全ての成長が制限されてしまいます。
語彙力を着実に身につけるためには反復的な学習が必要不可欠ですが、単語帳やフラッシュカードを読むという従来の暗記手法だけでは、生徒のやる気はなかなか持続しません。
J PREP が独自開発した単語暗記アプリでは、生徒がどこにいても、どれだけ忙しくても、隙間時間に効率よく、ゲーム感覚で語彙を着実に増やしていくことができます。


単語暗記アプリでいつでもどこでも問題に解答

生徒はiPad と iPhoneの両方でこのアプリを使うことができ、場所や時間に制約されることなく語彙力を鍛えることができます。この単語暗記アプリには、生徒が実際に使用している教材から厳選された重要英単語が出題されます。また、生徒が目にする例文の多くは毎週の授業で習う文法項目で構成されているので、そのような例文に繰り返し触れることで、語彙力が強化されると同時に授業の理解度も深まっていきます。
 

補助イラストで単語の理解度をアップ

このアプリは従来のフラッシュカードのような単純な暗記ツールではありません。登場する単語の多くには理解を促すイラストが表示されるため、抽象的な単語をイメージで把握し、単語の働きや機能をより深く、直感的に理解できるようになります。
 

英語キーボードでタイピングに慣れる

このアプリでは、iPadやiPhoneのキーボード入力機能を使って解答を行います。これにより、不規則に変化する動詞や名詞のスペルを正確に記述できるようになります。それだけでなく、このアプリを毎日使用し、小・中学生、高校生の時点でタイピングに慣れてしまえば、大学などで英語のレポートや論文を書く際に、タッチタイピングで素早く文書が作成できるようになります。
 

効率的な語彙力強化のために最適化されたアルゴリズム

単語帳やフラッシュカードでは、すでに記憶に定着した単語にも目を通さなければなりません。日々大量の情報を処理している生徒にとって、そのような無駄な労力は避けたいところです。J PREP の単語暗記アプリでは、生徒の記憶に定着していない単語を頻繁に出題するアルゴリズムを適用しています。また、覚えた単語の記憶が薄れ、その単語を忘れてしまう前に再び出題されるため、より多くの単語を効率的に覚えることができます。
 

音声入力と発音記号でスピーキングもカバー

英文を正確に読めるようになるためには、日常的に英文を音読し、意味の「区切れ」を「音」で認識することが非常に重要です。そのような音読を可能にするためには、文を構成するそれぞれの単語を適切に発音できていなければなりません。
このアプリでは、Siriの音声入力機能による解答を行うことができ、自分の発音が適切に認識されるかどうかを確認しながら語彙力を身につけることができます。
また、このアプリには単語の発音記号も表示されます。発音記号と音声入力機能を相互に活用しながら繰り返し使っていくことで、語彙力の強化が可能になるだけでなく、発音技能も身につくようになります。今後導入される4技能入試においても、発音やスピーキングの技能が重要になるのは言うまでもありません。